医療事務お役立ち情報ガイド

資格取得でオススメの通信講座から求人情報まで特集!

医療事務・TOP > 専門学校と通信教育
専門学校と通信教育

医療事務の資格取得に備えた学び方としては主に以下の4通りが考えられます。

1.専門(専修)学校での学習
2.通学講座での学習
3.通信講座での学習
4.独学による学習

ここでは最も効率的な学び方として専門(専修)学校での学習、および通信講座での学習についてメリットなどを見てみましょう。

●専門(専修)学校での学習
専門学校で学ぶ際の最大のメリットは就職率が非常に高いことがまず上げられます。また終了時に「専門士」の称号を受けることにより待遇面での優遇も見込まれます。

専門学校によってはかなり実践的な、病院における実習などを取り入れている場合が多く、 確実なスキルを効果的に身につけることができます。ポイントを押さえたカリキュラムが組まれ、試験の最新情報や出題傾向の情報も豊富で、効率よく目標とする資格を手にすることが可能です。

またほとんどの講師は医療事務の資格を持っており、受験に際してのポイントや貴重なアドバイスなどが簡単に受けられます。

目的を同じくするクラスメートがいることも、情報交換やモーチベーションを高める上で非常に重要な点です。

受講の期間としては全日制で1ヶ月から、週1・2回の通学では3ヶ月〜半年と言ったところが目安です。

●通信講座での学習
通信講座は時間や場所を自由に設定できることが最大のメリットで、仕事をしながら受験勉強をする場合や、子供・扶養家族がいるような場合には最良の選択肢となります。

講座で使用される教材はいずれも、各主催団体が豊富な経験に基づいて作成しているため非常に高水準で、通学学習と比較しても遜色はありません。また最近ではインターネットの活用により、スピーディーできめの細かい指導を受けることも可能です。

費用の面でも通学学習に比べるとやや低く設定されており、学習状況に応じて講座の延長制度やスクーリングなど、様々な実用的なフォロー体制が設けられています。

医療事務の通信講座・人気ランキングBEST3 【 最新版 】
Copyright (C) 医療事務の資格取得からパート・アルバイト求人情報まで. All rights reserved