医療事務お役立ち情報ガイド

資格取得でオススメの通信講座から求人情報まで特集!

医療事務・TOP > 医療秘書技能検定
医療秘書技能検定

医療秘書とは医師と患者、あるいは看護師と患者、家族などの間をスムーズにつなぐ役割を担う医療事務業界のスペシャリストです。

医療秘書技能検定は医療事務の基本はもちろん、医師のスケジュール管理や必要とされる資料の作成など、医師の秘書としての職務もこなせる人材を育成するために設けられた検定です。

医療秘書技能検定は医療秘書教育全国協議会が主催し、この医療秘書教育全国協議会には多くの専門学校や各種学校や短期大学等も加盟しています。医療秘書技能検定はまた、診療報酬請求事務能力認定試験や医療事務技能審査試験などの次のステップアップとしても広く受験されています。

検定試験には1級、準1級、2級、3級があり、合格率から見ると、1級で10%前後、準1級で20%前後、2級で45%前後、3級で70%前後と各検定毎にほぼ一定しています。1級および準1級ではかなりの難関となっています。

出題内容は領域・、領域・、領域・の3つに分かれており、
領域・:医療秘書実務、医療機関の組織・運営、医療関連法規
領域・:医学的基礎知識、医療関連知識
領域・:医療事務、診療報酬請求事務(レセプト)作成、診療報酬点数表の理解度などとなっています。

合格の基準としては 領域・から領域・まで3つの全ての分野において60点以上を取ることが目安となります。

受験生の割合は専門学校や各種学校の生徒が特に多く、一部社会人も含まれます。また受験者数は2級、3級は数千人レベル、準1級や1級では大幅に少なくなり、1級に関しては通常は数十人レベルとなります。

医療事務の通信講座・人気ランキングBEST3 【 最新版 】
Copyright (C) 医療事務の資格取得からパート・アルバイト求人情報まで. All rights reserved