医療事務お役立ち情報ガイド

資格取得でオススメの通信講座から求人情報まで特集!

医療事務・TOP > 医療事務技能審査試験
医療事務技能審査試験

医療事務に関する様々な資格の中でも最大規模の資格試験が、医療事務技能資格試験です。実に年間6万人もの人が受験し、受験校の数も医科、歯科合わせて300校以上にのぼります。

30年以上の歴史と実績を持ち、長年に渡って全国で実施されていることで医療機関からの評価も非常に高く、合格者は医療事務の実務に関する基本的な知識や技能を習得していることを示す代表的な資格として「メディカルクラーク」の称号を受けることができます。

主催しているのは財団法人日本医療教育財団で、医療や介護分野における専門的能力の開発や向上、技能の振興普及を目的として昭和49年に設立されました。

医療事務技能資格試験は医科と歯科、それぞれ1級と2級に分かれています。

2級は委員会が規定により認めた過程を専門学校等で履修した者もしくは医療事務としての6ヶ月以上の経験者を対象とし、1級は 委員会が規定により認めた過程を専門学校等で履修した者、また医療事務としての3年以上の経験者、もしくは2級に合格した上で医療事務としての1年6ヶ月以上の経験を持つ者を対象としています。

1級、2級共に実技試験と学科試験がありますが、2級の「実務・」以外では資料の持ち込みが認められています。 合格率はほぼ50%程度と難易度はそれほどではありませんが、 医療事務を目指す者としてはまずクリアすべき登竜門と言えるでしょう。

試験は2級が毎月、1級は6月、10月、2月の年3回行われています。

医療事務の通信講座・人気ランキングBEST3 【 最新版 】
Copyright (C) 医療事務の資格取得からパート・アルバイト求人情報まで. All rights reserved