医療事務お役立ち情報ガイド

資格取得でオススメの通信講座から求人情報まで特集!

医療事務・TOP > 医療事務の資格
医療事務の資格

医療に関する資格や認定試験は大きく分けて3つの種類があります。一つ目は医師や看護師、薬剤師が取得しなければならない国家試験による国家資格。

国家試験は法律に基づいて国やそれに準ずる機関が実施します。二つ目は公的資格と呼ばれるもので、国家資格と民間資格の間に位置しますが、国や地方行政機関が認定し、一般的に「〜検定」や「〜検定試験」と呼ばれる場合が多いようです。

各検定で「〜級」といったレベルの設けているのはほとんどがこうした公的資格です。

さて、現在医療事務に関する認定試験や資格は目的に応じた様々なものがありますが、基本的にこれらの資格や試験はすべてが民間の団体によるものであり、必須とされる「診療報酬請求事務能力認定試験」や「医療事務技能審査試験」なども厚生労働大臣が認可した公益法人が実施しているものです。

医師や看護師などの受ける国家試験=国家資格とは違い、医療事務の職に就くための条件として必要な試験や資格は特にありません。

しかし実際の求人においては基本とされるいくつかの資格に関しては取得しておく方が望ましく、また待遇面でも資格取得者は優遇されやすい傾向があります。特に未経験で医療事務の求人に応募する場合などは資格の有る無しが採用に大きく影響します。

また最近ではいったん医療事務に就職した人が、さらにスキルアップや待遇の向上を目的に、仕事を続けるかたわら資格取得を目指すケースも多く見受けられます。

医療事務の通信講座・人気ランキングBEST3 【 最新版 】
Copyright (C) 医療事務の資格取得からパート・アルバイト求人情報まで. All rights reserved