医療事務お役立ち情報ガイド

資格取得でオススメの通信講座から求人情報まで特集!

医療事務・TOP > 主な仕事内容
主な仕事内容

医療事務の仕事は大まかに5つに分けることができます。

1.外来の患者に対するサービス(主に窓口業務) 病院の受付は患者と接する最初の場です。ここではまず各々の患者に診療申込書を記入してもらい、健康保険証の確認、また初診の場合には診察券を発行し、カルテを発行します。

こうした業務を迅速で正確に行うことはもちろんですが、受付ではお客様=患者と最初に接する場として、常に明るく、親切な対応をすることが大切です。

2.入院の患者に対するサービス 病床(入院用ベッド)の設備がある病院では、入院患者に対する対応が必要となります。

まず医師から出される指示書に基づいて入院者用のカルテや入院患者カードなどを発行します。患者や家族に対する入院費用に関しての説明も重要な仕事です。

長期入院ともなれば多額の医療費が必要となります。このような時には、高額医療費貸付制度、公費負担制度など様々な優遇措置などの説明をする場合もあります。

3.レセプト業務 レセプトと呼ばれる診療報酬明細書の入力作業です。通常、病院の収入の大半は保健診療の診療費です。患者負担分の治療費はその都度会計で清算されますが、保険分に関しては患者が加入している医療保険団体ごとに月単位で請求しなければなりません。

この算出がレセプト業務です。医療事務の業務の中でも最も重要なものの一つです。

4.秘書業務 多忙を極める医師の代わりにスケジュールを管理したり、資料の用意などを行います。 5.その他の業務 必要備品の買い出しや、電話の応対、一部の清掃作業なども含まれます。

医療事務の通信講座・人気ランキングBEST3 【 最新版 】
Copyright (C) 医療事務の資格取得からパート・アルバイト求人情報まで. All rights reserved