医療事務お役立ち情報ガイド

資格取得でオススメの通信講座から求人情報まで特集!

医療事務・TOP > 医療事務とは
医療事務とは

病院などの医療の現場には、医療行為を始めとする様々な仕事があります。

医療行為そのものは医師、看護師、薬剤師、あるいは様々な検査を行う医療専門職者などが国家試験などの試験を受け、資格を得て行いますが、こうした医療行為とは別に、医療行為を円滑にし、管理するための膨大な量の事務関連の仕事が存在するのです。

例えば、受付では診察券の発行に始まり、カルテなどの管理 。会計では治療費・薬剤の清算と共に、処方された薬剤に間違いが無いかなどの確認作業。

またレセプトと呼ばれる、病院に取って非常に重要な診療報酬明細書の作成。他にも患者と医者の間に立ってスムーズに診療行為が進むように調整したり、患者自身の不安や疑問に答えたり、患者の家族や付き添いの方に対していろいろなアドバイスをし、質問を受けたりもします。

さらにこれも重要な業務として、多忙を極める特定の医者に対して診療やセミナー、面会などのスケジュールを管理する個人秘書的な役割を求められることもあります。

こうした多岐に渡る業務をこなすためには一般のデスクワークを主な業務とする事務職とはまったく違った、一定の医療に関する基礎知識や、特に医療法規、医療保障などといった分野でのある程度の専門知識が求められます。 医療事務のスタッフは直接医療に携わることはありません。

しかし 間違いがあってはならない医療の現場で、言わば「縁の下の力持ち」として、 欠かすことのできない重要な任務を日々処理しているのが医療事務という仕事なのです。

医療事務の通信講座・人気ランキングBEST3 【 最新版 】
Copyright (C) 医療事務の資格取得からパート・アルバイト求人情報まで. All rights reserved